ブログ

晩成品種のたまふくら、順調に生育しています

9月にはしっかりと実が入り青々としていた、たまふくら。
10月に入ってから一気に乾燥が進んでいます。

たまふくらを観察すると莢の中には豆2粒入りがほとんどで
中には1粒もかなりあり3粒はなく、粒は球形でかなりの大粒です。
収穫まであと10日前後でしょうか、待ち遠しいです。

■たまふくらと秘伝豆、枝豆の味比較

晩成品種の枝豆はたまふくらと秘伝豆を作っています。
たまふくらが先に熟し秘伝豆は今、枝豆でおいしく食べています。
実はたまふくら、枝豆としても味見をしました。
かなり期待していたのですが断然、秘伝豆のほうがおいしい。

秘伝豆は香り味共に、他の枝豆と比較して抜きんでています。
ゆでていると部屋中に広がる枝豆の香り、甘く大粒で食べ応えあります。
これぞ旬の味!

ことしは湯上娘、黒豆と枝豆を楽しみましたがダントツで一番は秘伝豆です。

秘伝豆は乾燥させても優秀な味。
すぐに煮えて枝豆を彷彿とさせるあじわいは他の豆にはない特徴です。

たまふくらと秘伝豆栽培は超おすすめです。