ニュース

イタリアの唐辛子、ペペロンチーノようやく発芽しました

種を販売しているイタリアの唐辛子、ペペロンチーノは
発芽するまで早くても約1ヶ月はかかります。
その上に発芽率が極めて低くハラハラしながら見守っています。

20度~30度の適温を守れば10日前後で発芽する日本の唐辛子。
それと比較してはいけません、木であるペペロンチーノは
すっかり諦めた頃にぽつりぽつりと芽を出します。
唐辛子には違いないのですが別物なのです。

ペペロンチーノの栽培2年め、発芽環境としては20度前後で低めではありますが
ペペロンチーノ、一体どれくらいの発芽率なのか
調べてみることにしました。

セルトレイ288穴に種まきをして現在、約1ヶ月。
芽を出しているのは26こで、10%に手が届きません。

本葉が3枚になったら大きなポットに植え替えて
20cmほどになるまで育てます。

去年は15cmほどで畑に直植え、その後の生長がとても遅くて難儀しました。
日中は温度が上がっても朝晩は涼しくペペロンチーノ栽培には
はっきりいって不向きな北海道。
茎を太くしっかりした苗作りが不可欠です。

去年の教訓をもとに、半分は地植え残りは植木鉢で育てます。
また経過報告を致します。